• gajyumaaru

【ロケ弁】目黒撮影スタジオへ&てんぺのお話


みなさま、こんにちは!(^^)

いつもがじゅま~るのブログをご覧いただき、

ありがとうございます♫

先日、目黒区の撮影スタジへがじゅま~る美食プレートと国産大豆のベジバーグ弁当をお届けして参りました^^

◎美食プレート◎

◎国産大豆のベジバーグ弁当◎

美食プレートのDeliのひとつに「テンペのバジル揚げ」をお作りいたしました。

「テンペ」は意外と知られていない食材ですが、とっても美味しくて驚くほど健康と美容にも効果があります^^♫

テンペはインドネシアでの伝統的な食品で、400年以上もの歴史があると言われています!

テンペは大豆等をテンペ菌と呼ばれる、ハイビスカスやバナナの葉についている菌で発酵された食べ物です。

昨年の夏にバリ島のクッキングスクールに参加した際に、現地のテンペを頂く機会がありました^^

↓現地のテンペはこんな感じです!

この真っ白でもふもふしたようなのがテンペ菌なんです!

テンペ菌は、白カビであるクモノスカビの一種で、これを用いて、24時間発酵させます。

切ってみると、こんな感じです^^大豆感が分かりますね~

味は、納豆のようなクセがなく、食べやすい!です◎

人によって表現は変わると思いますが、私が食べた感じは、大豆を茹でたような味、豆の風味がそのまま、

揚げるとナッツのような感じもあり、、、といった味です。

特にクセがある食材ではないので、割と多くの人に好まれる味だと思います^^

テンペの調理法としては、

揚げる、炒める、煮る、など多岐にわたります^^

日本でよく見るのは「テンペのカツレツ」でしょうか?

海外ではヴィーガンという完全菜食主義の方々がお肉の代わりにハンバーグの具として使用したり、

ソテーして食べたりなど、様々なアレンジをされ食べられてます^^◎

私達が現地で教えて頂いたレシピは、切ったテンペをカリっと素揚げし、

そこに赤玉葱に数種のスパイスとレモン汁で味を整えた具をのせたものです^^